経済的な車選び

経済的

家計のことを考えるならば車を所有すべきではないという意見がありながら車の世界販売台数は順調に伸びている。不経済な物を所有するのだからせめて妥協なく経済的に購入したいものです。経済的にみて”得”な買い方はそう多くないはずです。I家では減価償却的な考え方を採用しました。

乗り潰すつもりでしたが5年乗った段階で走行距離は12万キロ、タイミングベルトやラジエーターポンプ、ドライブシャフトのブーツやオイルパンなどに交換が出そうです。しかもすこしガタピシ音が鳴るようになり、サスペンションも心もとなくなってきました。

どうせあれこれ金がかかるなら次の車を買ってしまうことにしました。下取りはもちろん最低ラインの10万円程度です。・・・というのがよくあるパターンかと思いますが、維持費を考えないことにして自動車購入費用は5年で165万円ですから1年にして33万円だったことになります。と、いうことは300万円の新車を買って10年乗るとこれよりも安くつくことになります。さらに中古車を乗り継ぐよりも最初の5年の維持費が安いのでこの考え方ならば300万円の新車購入は決して贅沢ということにはなりません。車種によってはなおかつ下取りが期待できる可能性もあります。また、車体本体を安くしておきながらあれこれオプションをつけまくって結局ギリギリ300万円を切る価格で購入というはなしもよく聞きます。

一般的には3年落ちの中古車を買って乗り潰すのがもっとも経済的とされています。乗れれば良いという観点で車を選ぶならこの方法で安く長く乗れる車を手に入れることができるかもしれません。が、欲しいモデルが人気車だった場合、はたしてこの法則は成り立つでしょうか?人気のあるなしに市場は極端に反応します。また、持っているうちに事情がかわるのもまた、人情です。

たとえば中古車を購入したとします。5年落ちでまあまあの人気車、モデル末期だったのでもうじき次のフルモデルチェンジがあり、サンルーフやカーナビなどの装備がついて150万で購入したとしましょう。まだ5万キロしか走っておらずエンジンも快調、交換部品もありません。しかしタイヤがつるつるだったので思い切ってアルミホイル付きで18インチの4本セットを15万円で購入、カッコよくなって手出しは165万円、良い買い物をしました。