車種の絞込み

自動車

ミニバン人気におされているもののエクストレイルなどは若者のホビー車として必要十分な装備を与えられ堅調なセールスを維持している。働き盛りのサラリーマンがランクルを買うのは難しいがエクストレイルではライトすぎる。ファミリー層に訴求できるモデルとは・・?

後悔したくないIさんはそれらしい腰高の車を片っ端から調べることにしました。中古車市場を調べるのも基本中の基本です。車雑誌、メーカーサイト、口コミを考慮にいれて新車価格、値引き額、そして中古価格など見比べて総合的に判断してみることに。

エクストレイルはクロカン4駆であると明言しているだけあってニューモデルにはプラド並みの電子デバイスが採用されており、2008年にはエコディーゼルを搭載したモデルが発売されるなどなかなかホットな車です。

CR-Vについてもカーナビ以外は必要なものがほとんど全て装備されており悪路走破性はともかくとしてプレミアム感とお値段のバランスは秀逸です。価格と走破性に目を向ければパジェロやアウトランダーという選択肢もありますが、Iさんはそのルックスとブランドイメージがどうしても好きになれません。どんなに上手に買っても高い買い物ですから、ちょっぴり見栄も大事にしたいと思っています。

ここで若干予算をオーバーするとプラドとサーフがラインナップされています。どちらも本格クロカンでなおかつ大柄なボディは存在感十分。エクステリアも小奇麗です。さて、なんとなくI家が買うべき車が見えてきました。

Iさんの夢は100系ランクルですが、7,8年おちの中古でもかるく300万オーバーです。フリーランダー2のオレンジ色も候補にありましたが明らかに予算オーバーなうえにフラッグシップのレンジローバーですら故障が相次ぐというランドローバーの車には手が出しにくい。現実的に国内の新車で選ぶとなると、エクストレイル、CR-V、ハリアー、ムラーノあたりが候補として浮上します。

ムラーノのレザーエディションはプレミアム感抜群で、長く乗っても存在感のありそうなエクステリアですが、残念ながらハイオク仕様でなおかつ4駆になるとお値段がずいぶんと高くなります。

ハリアーも捨てがたいですが手が届くのはローグレードでなおかつ悪路が得意なわけでもありません。オンロード性能とスタイル重視の腰高オンローダーで300万オーバーでは中流家庭のIさんには贅沢すぎます。残る2車種は現実的なお値段です。